となりのゆゆこ。

20代社会人。凡人。平凡。毎日一歩前進していくために、色んなことに目を向けていきます。

過去の出来事を忘れるということはある意味幸せかもしれない

どうもゆゆこです。

突然ですが、私は過去の出来事を思い出す事が全然出来ません。

 

記憶喪失とかではなくて、単純に忘れてしまっているのです。

そして、過去の出来事も高校生前の出来事が特に思い出せません。

むしろ最近の出来事は人より覚えているんですけどね。

 

友人に「あの時ああだったよね」と言われて、思い出せる時もあれば、「そうだったっけ?」と全く記憶にないことはざらです。笑

 

不思議と嫌な記憶の方が忘れている

不思議な話ですが、私は子どものときの嫌な記憶をほとんど覚えていません。笑

小さい頃に兄に理不尽に殴られて鼻血を毎回出してた話とか、

母がお酒に溺れ家族崩壊寸前だった話…

 

一度の出来事ではなく、それなりの期間起きている出来事にもかかわらず覚えていません。笑

 

能天気なのでしょうか。笑

 

それとも脳が嫌な記憶を拒否して忘れているのでしょうか。

どちらにせよ、嫌な記憶ほど覚えていないです。

 

過去の出来事を忘れている幸せ

しかし、酷い仕打ちや出来事が過去にあって、それを覚えていないということは幸せだなって思います。

「何で覚えてないの!?」とビックリはされますが、その嫌な出来事に対し、相手のことをいつまでも恨むことなく、思い出して嫌な気持ちになるわけでもなく、

 

それってある意味幸せだなって思います。笑

 

もちろん過去の思い出話についてけない時は寂しいのですが…笑

 

忘れっぽいくらいが生きやすいのかも

たまに細かい所まで記憶している、記憶力の良い人がいますよね。

めちゃくちゃ羨ましいなぁって思う半面、人間忘れっぽいくらいが生きやすいのかなぁと思いました。笑

嫌なことを細部まで覚えていたら、色んなことが嫌になってしまいそう。

それは人それぞれの気持ち次第ですがね。

 

私のような周りを気にしすぎてしまうような人間は、忘れっぽいくらいが生きやすいのだと思います。

 

というか、私が無意識のうちに忘れるようにしているのかな。

忘れないと潰れちゃうよー!!と笑

 

脳の働きまではよくわかりませんが、

過去の出来事を忘れて「私も年とったなぁ…」と悲しまず、「忘れるくらいが幸せさ」とこれかもポジティブに生きていきたいと思います。(何宣言) 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村