となりのゆゆこ。

20代社会人。凡人。平凡。毎日一歩前進していくために、色んなことに目を向けていきます。

1000円の服でもいい服はある。高ければいいってもんじゃないと思う今日この頃。

最近、ズボンを新調しました。

 

元々持っているズボンなのですが、サイズ感が自分にピッタリのため、追加で買おうか買わまいか迷っていました。

 

そんな時、ちょうどタイミングよくセールで金額が半額近く値引きされていたので、思い切って2本購入!

自分にピッタリの服を持っているとテンションが上がりますね。

新調した分、履きすぎてよれたズボン2着とさよなら。

結構断捨離生活がうまくいっています。

 

断捨離をはじめてから、特にファッション面に対する考え方が変わりました。

安さや流行りに流されるのではなく、質のいいものを選ぼう。

そう考えていたので、服も高いものを買おうと思っていました。

しかし、最近になってそれは違うのかなと思うようになりました。

 

今回は、高いものではなく、長く使えるものを選ぶことについてお話したいと思います。

 

質がいいとは自分自身が長く使えるということ

「質のいいものを選びましょう」と言われると、前までの私は「金額が高いもの」と思っていました。

実際に、私自身が使っているもので質がいいものは、金額が高いものが多いからです。

なので断捨離をはじめてから、金額が高いものを意識しすぎて安いものには目を向けなくなりました。

しかし、高いものを探しても自分が気に入るものが全然みつからなくて、でも安いものはすぐダメになるし…固定概念を持っていたので、必要なものですら手を出せずにいました。

 

そんな時に、断捨離をはじめる少し前に衝動買いしたズボンを思い出しました。

インターネットで「これ安いしいいんじゃない。」となんとなく思って購入。届いて履いてみると自分のサイズにピッタリ!!!

金額も割引されていて税込で4000円もしなかったと思います。

衝動買いは断捨離の考え方としてよくないですが、「安くていい買い物した」と上機嫌になった思い出があります。

 

一方で、高い金額を払ってもすぐ壊れてしまうものもありました。

 

悲しい例を出すと…雑誌で見てデザインに一目ぼれし購入したスニーカー。

2万円したのですが、そんなに履いていないのに踵に穴があく…。

そんな出来事がありました。

学生の時に買ったので、2万円という金額は当時無理して出した金額でした。

しかし、1年も使えず穴があく。穴があいた後も、高かったからとなんだか捨てられなくて、断捨離はじめるまでとっておいていました。笑

 

この二つの出来事を照らし合わせることで、質がいいもとのはただ金額が高いだけではないと、結構当たり前のことなのですがハッとさせられました。

 

質がいいとは、自分にとって長く使えるものなんだと。

 

 1000円の服だっていい服はある

1000円で買ったボーダーのTシャツをかれこれ6年着ていたりします。

周りの人に「形がいいね」と褒められ、自分自身でも気に入って着ています。

 

1000円の服なんて…と私自身、最近まで目を向けていませんでしたが、考えを改め、今では安いものにも目を向けるようにしています。

 

やっぱり、「安くていいもの」が一番いいじゃないですか。

高くていいのは当たり前ですから。笑

無理に高い物選んで気に入らなかったら意味ないですし。

 

要するに金額にとらわれないこと

…まぁ、とは言ったものの、高いものはやっぱり質のいいもの多いですよね。笑

でも、安くて質のいいものがあるならそっちの方がいいのもそうです。

 

要するに、ものを買う時は金額にとらわれない事です。

安くて衝動買いして結局そんな使わないじゃ意味ないですし、高いもの選んで買ったけど「自分には合わない」でも意味ないですし、おまけに高い分捨て辛くなります。

 

いかに物の質を金額にとらわれずに見抜くか、そんな力を身に付けることが、物を無駄しない生活に繋がると思います。

 

 しかし…

しかし、金額にとらわれないということは難しいです。

服なんかはどうしてもセール品に目がいきますもん。笑

 

でも、とりあえず衝動買いだけはしないようにを意識して、

これがほんとに自分に必要か・長く使えるかを考えて買い物をすると、結果的に無駄遣いせずにすみ、長く使えるいいものを買えたりするのかなぁ…

と、まだまだ手探りですが、自分なりに買い物のルールをもうけて今後の断捨離生活を続けていきたいと思います。

 本日はこの辺で。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村