となりのゆゆこ。

20代社会人。凡人。平凡。毎日一歩前進していくために、色んなことに目を向けていきます。

なんともいえない快感!?面倒くさがりな私でも3年間続けている家計簿のつけ方。

どうもゆゆこです。

月末の忙しさに追われて目が疲れ切っています。笑

 

さて、前回の記事で家計簿を付ると貯金を貯められる話をしました。

yuyukosan.hatenablog.com

 

今回はその家計簿のつけ方について話していきます!

 

 

突然ですが、
私はかなりの面倒くさがり屋です。

 

どれくらい面倒くさがりかというと、読みたい漫画があっても、漫画を開くのが面倒だから結局読まない。

パソコンを開くのが面倒だから、ネット関係は寝っころがりながら全てスマホ

究極なのが、ご飯食べるのが面倒すぎて、お腹空いてるのに寝っころがったまま放心状態なんて時もありました。笑

 

常にゴロゴロ生活を送ってるように思われますが、手相に行って断捨離などをはじめてからはマシになりましたね。

この面倒くさがりな所は直さないといけませんが。笑

 

さて、前置きが長くなりましたが、

そんなグーたらで面倒くさがりな私でも、

家計簿はかれこれ3年は記録し続けています。

3年も続けられた家計簿のつけ方について話していきます。

 

スマホの家計簿アプリに記録する

前回の記事でもご紹介しましたが、家計簿アプリを使って記録することをオススメします。

 

理由はいつでもどこでも簡単に記録することができ、収支バランスの計算も自動でしてくれてとても便利だからです!

手帳やノートに記入となると、まず家計簿用に手帳やノートを買わなければなりません。

そして電卓をうって計算して、ペンで記入して…これが楽しいと思える人ならいいです

が、家計簿初心者にはこれだけで面倒だと思ってしまいます。

 

アプリだとスマホさえあればすぐにインストールできますし、付けたいと思った時に記

録することができるので、面倒でもパパッと記録し終えちゃいます。

スマホなので、寝ながら記録することだってできます。笑

身近なものでパパッと記録できることが、継続できる1つのポイントだと思います。

 

ちなみに、私が実際に使用しているアプリです。

okane-reco.com

 

前回の記事でもご紹介しました「おカネレコ」ですが、かなりオススメなので是非インストールしてみてください!

 

支出をカテゴリ分けする

お好きな家計簿アプリをインストールしたら、支出をカテゴリ分けしましょう。

カテゴリ分けの内容は自由ですが、あまり細かくするとカテゴリ作成に時間がかかってしまうので、大まかにするといいです。

 

私は主に6つのカテゴリを使用しています!

 

固定費・食品・交通費・交際費・ファッション費・その他雑費です。

 

固定費は「家賃や光熱費・公共料金」など、毎月ほぼ決まった金額で引かれていくものにし、正直それ以外は割と自由に作成しています。笑

私なんかは、この主な6つのカテゴリ以外に「ヒトカラ」というカテゴリがあります。

よく1人カラオケに行くので、毎月どれだけ使っているのか気になり、カテゴリを作成しました。笑

 

このように、支出金額を知りたいものをカテゴリにしましょう。

それこそ趣味にお金をかける人なら、その趣味をカテゴリを作成することで、家計簿を付けることで、どれだけそれにお金をかけているか知ることができます。

支出金額を知りたいものをカテゴリにすることで、それにどれだけお金がかかっているか気になって、家計簿の記録も意識的にするようになります。

 

なので、自分自身でカテゴリの内容を決めることをおススメしますが、

カテゴリの内容はいつでも変えることができるので、カテゴリの設定すら面倒!という方は、最初はアプリに登録された内容で記録するといいでしょう。

 

レシートは必ず保管し、記録したら破って捨てる!

物を買ったりサービスを利用して、支出が発生したら都度記録!

実はそれが一番楽な家計簿の付け方なのですが、面倒くさがり屋って最初はそれができても、次第にできなくなります。笑

私もなかなか都度記録することはできません。

 

なので、買い物をしたら必ずレシートを貰うようにしています。

そしてそのレシートは財布に保管しています。

 

財布にレシートを溜めると、財布がパンパンになるし、なんだか金運も下がりそう…

 

そう考える人がいると思います。特に財布の中がレシートでいっぱいでなると邪魔で仕方ないですよね!

私はこの「邪魔」という心理を逆手にとり、「邪魔だから家計簿を付けてレシートを捨てよう」と強制的に家計簿を付けさせる状況にしています。

 

溜まったレシートを家計簿に付け終わった後、一応個人情報なのでレシートをビリビリに破って捨てます。

これが結構なストレス解消といいますか、なんともいえない快感を味わえます。笑

 

このレシート処理の後の快感が、面倒くさがり屋な私が家計簿を記録し続けられた一番の理由かもしれないですね。笑

 

 

今回は私の家計簿のつけ方をご紹介させていただきました。

家計簿の記録なんて面倒!続かない!…という人たちも、まずは寝っころがりながら家計簿を付ける所からはじめてみてはいかがでしょうか。

そして、記録した後のレシートをビリビリ破って処分は、一度試していただきたいものです。笑

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村